4つのパターンから自分に合った適正な仕事を探す方法

仕事探しは4パターン

世の中には仕事(アルバイト、パートなど)はたくさんあります。

それは本当に想像もしていないような仕事だってあるんですよ。

例えば、

  • 工場でひたすらベルトコンベアーから1枚づつ流れてくるベーコンを見続けて、流れてくるベーコンが2枚に重なっていたら、1枚ずつに分けるライン作業。
  • デパートの気球をずっと眺めて、どっかに勝手に飛んでいかないように見張る仕事

など、ほかにももっとたくさんあるんです。

しかし、仕事に優劣をつけるわけではなく、自分に合っている仕事は楽しいものですし、つらくないと感じるんです。

カフェバイトやアパレルショップでの仕事などは人気の部類に入ると思いますが、コミュニーケーションをとるのが苦手(愛想笑い、無意味な話をしたくない、など)といった場合はつらいでしょう。

つらい人にとっては人気がある意味などわかりませんよね。

現在リクナビNEXTの無料会員になることであなたの強み(仕事適正)を客観的に分析してくれるグッドポイント診断を受けることが出来ます

履歴書(応募書類)を書くときのアピールポイントを見つけることにも役立ちますね。

⇒【リクナビNEXT無料会員登録
※トップページの真ん中にグッドポイント診断はあり、リクナビNEXTの独自ノウハウにより診断は約30分で出来ます。

スポンサーリンク

自分に適正な仕事探し

4パターンの仕事

世の中にある仕事をざっくりと分けると4パターンほどに絞れるんです。

  1. コミュニーケーション系
  2. 肉体労働系
  3. 単純作業系
  4. メンタル系

といった4パターンです。

それぞれの特徴を挙げていきますので、自分に適正なのか?ということの参考にして頂ければと思います。

コミュニケーション系

コミュニケーション系はいわゆる、接客を必要とする仕事ですね。
初めてのアルバイトなどには結構多いかもしれませんね。

  • 居酒屋
  • アパレルショップ(洋服屋、アクセサリーショップなど)
  • カフェ
  • 飲食店(ファミレス、フードコートなど)

などなど。

お客さんとのコミュニーケーション以外でもスタッフ同士でのコミュニケーションが多く必要な仕事もありますので、苦手な場合はかなり仕事が絞られてくるのではないでしょうか。

仕事探しにおいて、特別なスキルを持っていない以外では多くの仕事でコミュニケーション力は必要になってきますので、出来るだけ、苦手な人でもある程度は努力したいところですね。

肉体労働系

肉体労働系は主に現場系やコンサートスタッフ、引越し、運送などとなります。

現場系やコンサート、引越しなどは、大勢の中の一人として働くことや、周りと協力しながら働くことが多いので、コミュニケーション力もある程度は必要となってきますね。

運送なら、一人で回るところもありますね。

この肉体労働系で最も重要なことは”体力”となります。

面接でも必ずといっていいほど、

  • スポーツは何かされていますか?
  • 体力には自身がありますか?

などは聞かれますし、体つきなども見られますね。

また、職場も体育会系のノリが多いところがほとんどですので、中学、高校などで運動系の部活をしていないといった場合はちょっと難しいかもしれません。

単純作業系

単純作業系は工場でのライン作業が多くなります。

6時間誰ともしゃべらないなど、コミュニーケーション力はあまり必要ないかもしれません。

しかし、黙々と作業をするため1時間が6時間に感じるなど、なかなか時間が経たないといったこともあるので、それが耐えれるかどうかが向いている/向いていないの分かれ目となるのではないでしょうか?

話さないといっても、多少スタッフ同士では話すこともあるので友達を普通に作ることができれば問題ないでしょう。

基本的にはずっと同じことを繰り返し繰り返し行なう作業となりますので、飽きっぽいといった正確などであれば、かなりキツイ仕事になるでしょうね。

メンタル系

メンタル系とはテレアポや営業、クレーム対応などです。

どの仕事でもメンタルがやられそうになるときはありますが、メンタルが基本となっている仕事です。

クレーム対応なんかは自分が悪くないのに、お客さんから罵声を浴びせられる/怒られることは山ほどあります。
そして、何度も頭を下げることも多いでしょう。

しかし、この時に、自分は悪い/悪くないは関係ありません。
本当にメンタルにくることが多いかもしれませんが、言い訳はしてはいけません。

メンタル系は思っている以上に働いてみるとキツイということも多々あります。
”心が病んでしまう”人も少なくありません

その分、給料も多いということがメリットとして挙げられますが・・・。

私の印象ではメンタル系での電話対応系は体力的にはかなり楽です。
しかも電話を受ける側となります。

電話が鳴るまでは平和そのものなんですが・・・電話がかかってくると最悪です。
(電話がかかってくるのを受けるのが仕事なんですけどね)

電話を受ける側のクレーム対応などは電話がかかってきた直後からいきなり怒っている人もいますし、お客さんが何のことを言っているのか、を素早く察知する能力が必要とされます。

そして、納得するまで、対応しなければなりません。
多くの知識量も必要となるので覚えることも多く大変な仕事ですね。

まとめ

仕事探しは大変

  1. コミュニケーション系
  2. 肉体労働系
  3. 単純作業系
  4. メンタル系

と4パターンを紹介してきました。

あなたに合っている/適正だなっと感じるものはあったでしょうか。

基本的には面接や履歴書などを一生懸命書いて、勤務することになるわけですから、その努力をムダにすることがない様に、自分に向いている/向いていない仕事はある程度事前に抑えておく必要があるでしょう。

⇒【リクナビNEXT無料会員登録

どんな仕事でもつらいことや苦しいことはありますが、それを上回るほどのメリットややりがいが自分にとってあるのかということは非常に大切になるところだと思います。

あなたの仕事探しの参考になったでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加