面接の結果待ちが不安/連絡が来ない?遅れてる?対応策とは

面接結果が来ない

就職活動(転職や新卒/既卒などの書類選考や面接)やアルバイト面接でも同様に起こりえることですが・・・”(企業からの)書類選考や面接後の連絡が来ない・・・”ということ。

※もちろん面接の際に採用or不採用の場合の”連絡があるのかorないのか”は確認しておくことが必須となります。

これは非常に困ることで企業からの合否の連絡が遅れることはさまざまな理由が考えられるのですが・・・どちらにしても(どんな理由があろうと)あまり印象の良いものではありませんね。

就職活動もアルバイトをする活動も遊びでやっているわけではありませんからね。

  • 採用なのか?
  • 不採用なのか?

こちらはこれが分からないことには次の行動も取りにくくなる(迷ってしまう)わけですからね。

ですからモラルに欠けている企業であることに変わりはありません。
そもそもそんな企業では働かない方が今後の自分のためかもしれませんよ。

ブラックバイトとは?特徴や見分け方を知って対策する

転職したらブラック企業だった?絶対避けたい見分け方!

スポンサーリンク

採用or不採用の合否の連絡が遅れる理由

採用であっても不採用であっても合否(合格/不合格)の連絡が遅れる理由で考えられることは、

  1. 応募者/希望者をどうでもいいと考えている
  2. (応募者/希望者を)変えが利くコマ扱い
  3. 自社のことしか考えていない(管理がいい加減)
  4. 再び募集を募ればいいと軽率に考えている

など基本的にはネガティブなものばかりになるでしょう。
連絡が遅れている時点でポジティブに考えることは難しいですね)

例えば、面接の際に〇〇日や〇〇曜日、〇週間後にご連絡致しますなどの約束があり・・・「仕事が立て込んでいまして・・・連絡が遅れました・・・」みたいな言い訳は通用しません。

一般的に合否の連絡は1週間という目安(暗黙のルールみたいなもの)があります。

1週間があれば企業側も応募者/希望者の採用or不採用を真剣に考えていると連絡(企業からのアプローチ)が遅れるということはまず考えにくいものなのです。

合否の連絡が遅れる/来ないなんてことはあってはならない

雇用される側と雇用する側はどちらが偉いというものはありません。
ギブアンドテイクの関係性です。

採用or不採用の連絡を適当や雑にするような企業は雇用する人間に対して上から目線になっているわけです。

そんな企業では働くべきではありません。

理由は良い仕事が出来るとは到底思えないからです。

そういった企業はきっと消費者に対してもどこか上から目線の部分があるのではないでしょうか?

ただ稀に、

『企業が本当に忘れていた・・・』

ということも考えられます。(それはそれで大きな問題だと思いますが)

その企業があなたにとって本命でどうしても入社したいと思えるような会社であるならば自分から(電話やメールなどで)問い合わせてみることもおすすめです。

※自分から問い合わせる際の目安は面接後の1~2週間程度となります。

(アルバイトの時ですが私は実際に自分から問い合わせを行って入社したことがありますから)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加