服屋さん(ファッションアパレル)の面接で聞かれることは?

ファッションアパレルの面接で聞かれること

服屋さん(ファッションアパレル)で働きたいと考える人は、

  • 面接で何を聞かれるのだろう?
  • どんなことを用意していけばいいのだろう?
  • 服装はどんなものがいいのだろう?

など色々と考えると思います。

服屋さん/ファッションアパレル業界で仕事着や働く格好は?(面接でも応用はききます)

このページでは『服屋さんで(アルバイトをしたい時に)の面接で聞かれること』について書いていきます。

簡単に結論から言うと面接で面接官(面接をする側が)が何を聞くかなんか決まっていません

あなたが”ファッションがどれくらい好きか”や”希望しているブランドでの働きたい意志”が非常に重要になると思います。

その気持ちをどれだけ伝えられるかが面接の合否を決めることになるのではないでしょうか?

ちなみにアルバイト(をするため)の面接と社員(になるため)の面接は違います。
(アルバイトから正社員になる際にも一応面接や試験があります)

アルバイトをするための面接も社員になるための面接も各ブランドで異なりもあるはずですから当サイトが全てではありません。

ただ私はファッションアパレルのアルバイトと正社員の経験をしています。

服屋さん(ファッション業界)でアパレルスタッフとして働きたい【私の経験談から】

そのため、これからファッションアパレル系で働きたいといった際には、ある程度は参考になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

服屋さん(ファッションアパレル)の面接で聞かれること

服屋さん(ファッションアパレル)で働く(面接を受ける)前に一度考えて欲しいことがあります。

それはあなたが好きなファッションスタイルです。

これを考えることであなたが受けるべきブランドなども分かってきます。

好きなブランドやファッションスタイルで希望する

私が服屋さんで働く(働きたいと思った)きっかけは当たり前ですが洋服・ファッション全般が好きだったということです。

当時は特に決まったブランドが好きといったわけではありませんでした。

私が”これが服を好きということなのか”と感じたのは働き出してからです。好きなブランドも働き出してから出てきましたね。

ただ、洋服・ファッションが好きといっても色々なファッションがありますよね。

  • 古着が好きな人
  • デザイナー系ブランドが好きな人
  • インポート・ドメスティックブランドが好きな人
  • セレクトショップ系のブランドが好きな人
  • モードやカジュアルやスケーターやサーフブランドが好きな人

などなど、一口にファッションが好きといっても結構幅広いんですよね。

どんなファッションスタイルが好きか/詳しいかは働く際に非常に重要になるところなんです。

私は当時そんなに意識しておらず、ただただ服屋さん(ファッションアパレル)で働きたいと思っていたという感じでした。

ファッションが好きであることが大前提

あなたが好きなファッションスタイルのブランドで働くことが本当に大切です。

ファッションアパレル系なら何でも構わないという人はたぶん面接で落ちます。
(運良く受かって働くことになっても働いてからがしんどいです←私です)

当時私は服屋さんで働くために4~5社(ブランド)を受けました。

それこそ自分が全く興味のなかったブランドも含めてです。

結果受かったのは自分の好きだったファッションに近いセレクトショップの3社でした。

同じブランドを2回受けたこともあります。
2回受けても不合格だったところもあれば、2回目に通ったところもありました。

ただ私が勤務しようと決めたところは1回受けて1回目で受かったセレクトショップのブランドです。

面接前にアンケート用紙に記入する

【※注意※ここでは面接を受ける目線と面接をする目線が少し混同しています】

私は面接が始まる前(始まってるのか?)にアンケート用紙みたいなものを渡されました。

※渡されないところ(ブランド)もありましたが、だいたい渡されました。

このアンケート用紙には、

  • 好きなブランド
  • 趣味
  • よく買い物をするところ
  • 休日の過ごし方
  • 好きな音楽や映画

などファッションに関係しそうな項目が書かれています。

人によってはファッションのルーツがどこから来ているのかがなんとなくわかったりもします。

つまり、あなたが希望しているブランドとあなたのファッションスタイル、ライフスタイルなどが沿っているのかがある程度分かるんです。

現在働いているスタッフと気が合いそうかなども判断できます。

答えにしっかりと理由があるのか?

このアンケートを元に面接する側は希望者に話を聞いていくという感じですね。

例えば、

  • なぜその映画が好きなのか?
  • なぜそのブランドが好きなのか?
  • その趣味を始めたきっかけは?

などなど、それぞれの答えに正解はありません。

映画の内容/ストーリーが好きでも構いませんし、監督が好き、映像が好き、出ている俳優が好き、なんでもいいんです。

どの質問に対しても出来る限りファッションが関係している方がベターです。

例えば、好きなブランドの理由などであれば、

『デザイナーの考え方に共感できて、そのデザイナーが作る服に興味を持ったことがそのブランドを好きになるきっかけとなり、作る洋服やアクセサリーも自分が好みのものだったから』

など。

私は必ずしも”好きなブランドの服が好きだからそのブランドが好き”ではないと思うわけです。

デザイナーの考え方が好きでそのブランドが好きになったということも考えられるんですね。

こんな答えをされると相当ファッションが好きなんだと思ってしまいませんか?

つまり、問題はそこにしっかり理由があるかということが重要なんです。

と私が面接官であればそう考えますが人によって違うと思います。

面接官によっては履歴書を重視する場合もあるでしょうし、面接に着てきた服装を重視することもあるかもしれません。

ファッションでなんとなく分かりますからね。

出来るだけ普段着で面接に行ってください。
面接で自分を偽っても仕方ないです。

それに着慣れてない洋服は分かります。

アパレルの会社へ直接行く面接ではファッション(おしゃれなど)に興味のないサラリーマンもいますが、店舗へ行って面接を受けるような場合などアルバイトでは多いと思います。

すると面接官はやっぱりファッションのプロです。
だいたいは見抜くもんです。

面接で聞かれることよりもファッションが好きな気持ちが重要

ファッションアパレル業界で働くことで最も重要なことはファッションが好きかということです。

もちろんこのほかファッションアパレル関係以外の質問も(一般的なものも)聞かれますよ。

  • 通勤にかかる時間はどれくらい?
  • 通勤手段は?
  • どれくらい出勤できる?

などこの辺りは服屋さん以外でも当たり前に聞かれることですね。

あなたが察している様にファッションアパレル業界は少し一般職と比べて独特な感じはありますがファッションが好きであればその気持ちを伝える努力をすることが面接に合格する方法だと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加