添え状の書き方はシンプルに!手書き?縦書き?横書き?

添え状の書き方はシンプル

就職活動において履歴書やエントリーシート、職務経歴書などの必要書類と一緒に希望する会社へ郵送する際に同封する書類に添え状というものがあります。

郵送せずに直接企業へ履歴書などを持っていく場合に添え状は要らないわけです。

実際、添え状の重要性というものは曖昧であまり(採用or不採用などの選考の判断材料にならない)必要ないものとして見られているという見解もあります。

履歴書や職務経歴書などとは違い添え状は(お店で)販売しているものではありませんので知らないといった方もいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

添え状の書き方

前述しましたが添え状は販売されていませんので応募者が自らで作成するものとなります。

最もポピュラーな添え状の作成方法としては白紙(プリンター用紙など)に、

  • 日付(添え状の書いた日)
  • あて先(送り先の企業名)
  • 氏名
  • 住所
  • 簡単な挨拶文
  • 送付書類

を書くだけです。(押印なども必要ありません)

添え状には決まった形式などはありませんのでインターネット検索すれば就職サイトや転職サイトなどにもテンプレートはたくさんあります。

それらのテンプレートを使ってワードやエクセルなどを使用して添え状は簡単に作成することが出来ます。

添え状は手書きでも問題はありませんがワードやエクセルを使った方が綺麗に作成出来ると思います。

また、縦書きでも横書きでもどちらでも構いませんが履歴書に合わせて縦書きにすることが一般的となっています。

添え状の役目とは?

添え状とは本当に必要な肝心の書類(履歴書や職務経歴書やエントリーシートなど)に添えるものです。

ですから自己PRや志望動機などは添え状に書くことではありませんので控えておいた方が無難でしょう。

履歴書と職務経歴書などを見れば自己PRや志望動機は分かることですから企業の担当者も暇ではありませんので二度手間になることは出来る限り省略する方が良いと思います。

また、私自身はこれまでに人事などを担当したことがありませんので聞いた話になりますが”添え状は読まないことも普通にある”ようです。

つまり、就職活動や転職活動で本来力を入れるべきところは履歴書やエントリーシートや職務経歴書となるわけです。

添え状は企業側はもちろんのこと、応募する側も力を入れるべきところではありません・・・しっかりとした添え状があるのはとても良いことではありますが・・・肝心の応募書類がスカスカな内容では意味がありません。

添え状にはシンプルに必要最低限のことを書いて『応募書類と同封する』これだけです。

それが添え状の役目となるんです。

むしろ見た目が汚い添え状であれば同封しない方がいいでしょう。

先にも書きましたが添え状がないことで採用or不採用にはほとんど関係がないからです。

わざわざマイナスになるような添え状を同封することは印象を悪くするだけですからね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加