退職届と退職願の違いを知る/会社を辞めたいなら辞める

退職届と退職願の違いを知る/会社を辞めたいなら辞める

労働者(雇用される側)はどこの会社で働くかというのは自由です。

つまり会社を”辞めるor辞めない”というのも自由であるということです。

これ以上働いていても自分のためにならないと思うような会社であれば会社(上司)が引き止める(辞めさせてくれない)ことがあっても意思が固まっているのであれば早いうちに辞める方がいいと思います。

次に働く会社はあなたにとってもっと良い会社になるかもしれないからです。

世の中には数え切れないくらいの企業が存在しています。

転職サイトは何で選びますか?

スポンサーリンク

会社を辞める理由を考える

何の考えもなしにいきなり会社を辞めると圧倒的に社会的立場上あなたは不利になってしまいます。

本当に会社を辞める理由が改善出来ないものなのか?ということを一度考えてみてもいいかもしれません。

  • 給料が安すぎる(生活だけでやっと)
  • サービス残業が多すぎる
  • 休日出勤は当たり前(当然)
  • 上司のパワハラがひどい(仕事に関係のないことまで指摘されるなど)
  • 仕事が嫌で仕方が無い・・・

改善できる可能性があるのならば会社と話し合いの場をもってもいいと思います。
もしかすると今よりも条件の良い提示をしてくれる可能性もあるからです。

しかし・・・

  • 一向に話し合いをする気がない
  • 話し合いはしてもらえたが改善がみられない

といった際には退職を選ぶ以外はないでしょう。

むしろしっかりと話し合いをしようとしたわけですからそんな会社に身を置く理由はなくなってきます。

多くの人が会社との円満退職を望みますが現実はそう簡単にはいかないこともあります。

部下が辞めることによって、上司の査定に影響が出ることもあり、無理にでも上司から引き止められることもあるからです。

退職届と退職願の違いとは?

退職届と退職願は似て非なるものとなります。

退職届と退職願の違いを知っておくことは会社を辞めるときの知識として重要なものとなると思います。(私自身は会社を辞めるときにはわかっていませんでしたから・・・)

退職届とは

退職届とは一度提出すると撤回は出来ません。
いわゆる辞表です。(ただ辞表は役職をもった者のみが使用するものとなります)

退職届を提出した日から2週間後に退職が成立します。
「退職します」と断言する届け出になるわけです。

退職願とは

退職願は退職届に比べると少し効果が弱いものとなり、「退職したい(と思います)」という意思表示になり、一度提出しても撤回することが出来ます。

つまり、退職願は”会社が受理しない(してくれない)”といったことが有り得るのです。

ですからあなたの意思が固まっており退職する準備も出来ているのなら『退職届』を提出するということになると思います。

それでも会社が受理してくれないといった際には、内容証明郵便にて送付することで効力が生まれます。

口頭で退職を伝えるのは?

口頭で退職を伝えてもいいのですが場合によっては”言ったor言ってない”の水掛け論になることもありますので書面として提出(申し出る)することがいいと思います。

雇用契約の解除、意思表示をしっかりする

急に無断で会社に行かなくなるというのは避けた方がいいと思います。
次の転職の際にも社会的にも立場上で不利になることもありますからね。

仕事を辞めるのは会社都合?自己都合?退職理由の違いとは

しっかりと会社とあなたとの雇用契約を解除するように法律で対向することが大切です。

”(雇用されている人間からの)会社に対して退職申し出から2週間が経過することで契約終了”

という法律で決まりもあります。

ですから、会社(上司)から、

  • 責任感がないのでは?
  • この時期では辞められない!

などと無理に引き止められようとあなたの意思表示を現すことで退職することはいつでも出来るのです。

ある意味では転職活動とはここから(現在の会社の退職)始まっているともいえますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加