転職に必要な力は即戦力!面接でしっかりと伝える!

転職即戦力

基本的に『転職の際に求められる能力というのは(企業にとって)即戦力になれるのかどうか』という部分です。※新卒や第二新卒は除きます。

あなたが希望している職種や企業において自分自身がどれだけの能力を発揮できるのかということをアピールする必要があるわけです。

それをアピールする部分というのは面接の場というのが最も大きなところとなります。

転職の際の面接というものはある意味で自分自身のプレゼンの場なのです。

転職のコツは”自分を採用することによって(希望している)企業にとってどれだけの利益を生むのか”ということを何が何でも売り込む必要があるわけです。

スポンサーリンク

転職の面接はプレゼンの場

転職の面接とは新卒の面接とは決定的に違います。

この部分(決定的な違い)が分かっていないとなかなか転職が成功することは難しいかもしれません。

新卒の面接でみられている部分とは

ます、新卒の面接でみられる部分というのは、

  • 真面目さ
  • マナー

というところが大半です。

『就職活動においての準備がしっかりと出来ているのか?』というところです。

会社は新卒者に対して(この時点で)大きな戦力になるだろうということはほとんど考えていません

要するに新卒者の就職活動に対する姿勢を企業(面接官or担当者)はみているのです。

転職の面接ではネガティブトークは必要ない!

しかし、転職の面接というのは新卒の面接とは決定的に違い『即戦力』になるのかどうかというところだけを見ていると言っても過言ではありません。

自信無さげな態度や頼りなさが見えることはほぼほぼマイナスポイントになると考えて間違いありません。

ですからネガティブトークなどは必要ありません。

転職の際に必ず聞かれることになる退職理由などどうしてもネガティブになりそうなところは言い回し次第でポジティブに言い換えることがとても重要になります。

転職での面接で答える退職理由は前向きポジティブが重要

面接の場は失敗談を語るところではありませんから。
ただ戦略的にネガティブトークを織り交ぜるというのはアリです。

あえて隙を作るといった高度なテクニックにはなりますが・・・完璧すぎる人間というのはどうしても近寄りがたくなりますからね。

自分なりのトークをしっかりと練っておくということです。

面接は営業と同じです。
対象となるものが、

  • 自分なのか
  • 商品なのか

という違いなだけです。

新卒と転職の面接の決定的な違いとは

新卒の面接ではある程度形式に捉われた様なルールみたいなものがありますが・・・転職の面接の場では無法地帯です。

あの手この手を使って自分をアピールすることが何よりも重要なのです。

他人と同じことをしていても転職の面接では一向に受からないことがほとんどだと思います。

良くも悪くも他人とは違うことをアピールしなければなりません。

ですから転職の面接に模範というものはありません。

模範解答なんかで答えていても・・・面接官に対して「またか~・・・」とがっかりさせることになるだけです。

受かるわけありませんよね?

転職面接には十分な準備が必須

転職の面接では話し方もかなり重要になるでしょうし、しっかりとした対策が必須となります。

面接はコミュ力と対策が重要!短所は伝え方で長所に!

自分の話しているところを鏡で見て確認したり、動画などを撮ることもおすすめです。
思っている以上に違和感がありますから・・・。

それに自分では無意識にしている癖などもわかったりします。
面接官は意外と気になったりするもんです。

面接では場つなぎや曖昧な言葉の表現は控えることが重要

ですが何度も練習していると『スムーズに話すことが出来てくる様になり、しっかりとした自分の言葉にもなってくる様になる』ことが客観的に分かってくるんです。

つまり転職だけには限りませんが、面接には十分な準備が必要なわけです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加