Pフィーバーからくりサーカス~スペック・ボーダーライン・打ち方・やめどきetc.~立ち回りまとめ

Pフィーバーからくりサーカス~スペック・ボーダー・やめどきetc.~立ち回りまとめ~一撃

・メーカー:SANKYO

このページは”Pフィーバーからくりサーカス~スペック・ボーダー・やめどきetc.~立ち回りまとめ”となっています。

ですので、Pフィーバーからくりサーカスの機種詳細については公式サイトにてご確認下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Pフィーバーからくりサーカスの筐体・スペックetc.について

Pフィーバーからくりサーカスの筐体・スペックetc.についてですが、

など、参考にさせて頂いています。

Pフィーバーからくりサーカスのボーダーラインについて

Pフィーバーからくりサーカスのボーダーについてですが、

  • 17~18回転/250玉辺り

を、基準・目安に進退を考える形です。

※1玉/4円・持ち球比率100%

※釘調整・メンテナンス、台の寝かせなど様々な状況次第でボーダーラインは変わってきます

となっています。

Pフィーバーからくりサーカスの遊タイム(天井)について

Pフィーバーからくりサーカスの遊タイム(天井)についてですが、

  • 遊タイム搭載無し

となっています。

Pフィーバーからくりサーカスの打ち方について

Pフィーバーからくりサーカスの打ち方についてですが、

  • 大当たり中
  • 電サポ中

とあります。

大当たり(ラウンド)中の打ち方

大当たり(ラウンド)中の打ち方ですが、

打ちっぱなしでOK

と、しています。

電サポ中の打ち方

電サポ中の打ち方ですが、

打ちっぱなしでOK

と、しています。

やめどき

Pフィーバーからくりサーカスのやめどきについてですが、

基本的には、大当たり中や電サポ中でなければ、いつやめてもOK

としています。

まとめ

ここまでで”Pフィーバーからくりサーカス~スペック・ボーダー・やめどきetc.~立ち回りまとめ”は以上となります。

私自身、Pフィーバーからくりサーカスを打つ際に、ここまでのリンク先のWEBサイト・ブログを含め、ほかにも、

など、ほかWEBサイト・ブログなど多数のものを参考にさせて頂いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。