エヴァ決戦プレミアムモデル甘デジ~遊タイムハイエナ・ボーダー・期待値~立ち回りまとめ

エヴァ決戦プレミアムモデル(甘デジ)

ここではエヴァ決戦プレミアムモデル(甘デジ)の遊タイム狙い・ハイエナ期待値稼働の立ち回りについてまとめています。

ですので、エヴァ決戦プレミアムモデル(甘デジ)のゲームフローまたスペック等についてはビスティ公式HPをご覧下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エヴァ決戦プレミアムモデル(甘デジ)の期待値を知る

まずはエヴァ決戦プレミアムモデル(甘デジ)の遊タイム狙い・ハイエナ期待値稼働を行う為にはその期待値を知る必要があります。

エヴァ決戦プレミアムモデル(甘デジ)期待値見える化期待値表

引用:https://slotjin.com/yutime/evapremium/

上記の期待値表は期待値見える化(だくおさん)さんが算出してくれている等価交換・削り無しのものとなります。

等価交換・削り無しの期待値表となるのである程度臨機応変に期待値表を見る必要があります。

その理由は店舗によって交換率も変われば、削りの度合いも変わるからです。

ちなみに私はこの期待値表を参考の軸にして立ち回っています。

この期待値表だけではなく出来る限り多くの期待値表を参考にすることをおすすめします。

また自分自身で期待値を算出出来るのであればそれも算出して参考のひとつにする様にしましょう。

エヴァ決戦プレミアムモデル(甘デジ)の遊タイムについて

エヴァ決戦プレミアムモデル(甘デジ)の遊タイムについては、

  • 遊タイム(天井):低確率299回転消化となり、基本的にデータカウンター上では単発後は299G、連チャン(確変)後は319G、となります
  • 恩恵:時短200回転+残保留

基本的に連チャン後STの影響で319G、単発後は299G、で遊タイム発動のG数になります

おおよそ回転数がデータカウンターで200G前後から気にする様にしている感じです。

残で言えば120Gあたりです。

となっています。

エヴァ決戦プレミアムモデル(甘デジ)の打ち方・止め打ちについて

エヴァ決戦プレミアムモデル(甘デジ)の打ち方・止め打ちについては、

  • 遊タイム
  • 電サポ(ST・時短)中
  • ラウンド中

をまとめています。

遊タイム中

遊タイム中は、

閉じる直前に7~8発を調整しながら打ち出して、以後それの繰り返し

としています。

電サポ(ST・時短)中

遊タイム・電サポ中は、

電サポが閉じたタイミングで5~6発を調整しながら打ち出し

としています。

ラウンド中

ラウンド中の打ち方・止め打ちは、

アタッカーに5~6発入賞したところで一旦止めて9発入賞を待ってから、弱強強で10、11、12発打ち出し

としています。

エヴァ決戦プレミアムモデル(甘デジ)のボーダーについて

エヴァ決戦プレミアムモデル(甘デジ)のボーダーについては1000円辺り20回転がプラマイ0くらいの目安となります。

で、平打ちするなら最低でも1000円辺り26回転は必要かと考えています。

※ボーダーについては持ち玉比率100%での考え方です

さらなる詳細については、

https://1geki.jp/pachinko/pa_evasinkpm/11/

と、一撃さんのWEBサイト(期待値・ボーダーライン)を参考にさせて頂いています。

エヴァ決戦プレミアムモデル(甘デジ)のやめどき

やめどきについては、

  • やめどき=右打ち電サポ抜けやめ

としています。

釘調整が良くてボーダー以上に回る場合はそのまま打ち続けます。

エヴァ決戦プレミアムモデル(甘デジ)まとめ

ここまでで”エヴァ決戦プレミアムモデル甘デジ~遊タイムハイエナ・ボーダー・期待値~立ち回りまとめ”は以上となります。

私自身は、

など、分からないことがある際にはWEBサイト・ブログを参考にさせて頂いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。