P真・北斗無双3の遊タイム狙いハイエナ期待値稼働の立ち回りまとめ

ここではP真・北斗無双3の遊タイム狙いハイエナ期待値稼働の立ち回りについてまとめています。

北斗無双3サミー公式

引用:https://www.sammy.co.jp/japanese/product/pachinko/2020/Pshin_hokuto_muso3/index.html

ですので、P真・北斗無双3のゲームフローほかスペック等については公式サイトまたは関連サイト等をご覧下さい。

ちなみにパチ7さんのP真・北斗無双3のWEBサイトではP真・北斗無双3のゲームフローほかスペック等に併せて後述する期待値見える化さんの情報提供による期待値表も閲覧することが可能です。

スポンサーリンク

P真・北斗無双3の遊タイム狙いに必要な期待値を知る

まずはP真・北斗無双3の遊タイム狙いハイエナ期待値稼働を行う為には期待値を知る必要があります。

その期待値は以下となります。

北斗無双3期待値見える化期待値表4円交換削り無しver.

引用:https://note.com/dakuo_slot/n/n93f545dd204e

となります。

私は基本的に期待値見える化さんが算出してくれている4円(等価)交換・削り無しでの期待値表を参考させて頂いています。

ただあくまで期待値見える化さんが算出してくれている期待値表は軸であって、ほかにも多くの期待値表を参考させて頂き、最終的に自分自身である程度のボーダーラインを決めています。

が、大方期待値見える化さんの期待値表を参考する形で問題ないと思います。

P真・北斗無双3の立ち回りについて

P真・北斗無双3の遊タイム狙いハイエナ期待値稼働の私の立ち回りは、だいたい残450Gを切ったくらいから打ち始めています。

もちろん、400G、350G…と天井に近ければ近いほど良いのですが、現実的にはなかなか拾えないG数になってくるかと思います。

そういったところは店舗・ホールまた地域によって違いがありますので一概には言えないとことではあります。

やめどきについては右打ち電サポ抜け即やめをしています。

※ボーダーを大きく超える様な良釘であればそのまま打ち続けています

ちなみに朝一から宵越しで遊タイム狙いをする場合は店舗・ホールのクセの把握、そしてセグを確認するなどは徹底しています。

P真・北斗無双3の打ち方について

P真・北斗無双3の打ち方についてですが、

  • V入賞
  • 大当たり中
  • 電サポ中

とあります。

V入賞

V入賞については、

Vを狙えと画面に出たら打ち出し

としています。

大当たり中の打ち方

大当たり中の打ち方ですが、

基本は打ちっぱなしでOK

と、しています。

電サポ中の打ち方

電サポ中の打ち方ですが、

電サポが閉まったら3発を繰り返し

と、しています。

まとめ

P真・北斗無双3の遊タイム狙いハイエナ期待値稼働で重要なポイントのみを簡単に言うと、

  • 打ち始めG数:残500~450G~
  • やめどき:電サポ抜け即やめ

の2点さえ、とりあえず意識しておけば自ずと勝ちに繋がる立ち回りとなるでしょう。

このほか、通常時のオーバー入賞を防いだり、またラウンド中の捻り打ち&止め打ちetc.といった技術介入部分についても意識することでより勝ちに繋がるところとなります。

ただ、P真・北斗無双3はラウンド間が短いので捻る必要もなくほぼほぼ打ちっぱなしで問題ないかと思います。

私自身そういった実践的な部分ではまっつんさんのnoteすろぱちくえすとさんのWEBサイトを参考にさせて頂いています。

すろぱちくえすとさんではラムクリ情報などに関しても掲載していますので朝一宵越しで遊タイム狙いをする際は参考にすることもおすすめです。

で、もちろんすろぱちくえすとさんだけの情報を参考にするのではなく他サイトも参考にすること必須で、それは期待値表と同様です。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。