エヴァンゲリオン魂の共鳴~ハイエナ・天井狙い・設定狙い・期待値etc.~立ち回りまとめ

エヴァンゲリオン魂の共鳴の機種詳細についてはビスティ公式サイト

ここでは”エヴァンゲリオン魂の共鳴~ハイエナ・天井狙い・設定狙い・期待値etc.~立ち回りまとめ”となります。

ですので、エヴァンゲリオン魂の共鳴の機種詳細についてはビスティ公式サイトをご確認下さい。

・・・最近これをきっかけにエヴァ熱が再過熱してしまい、U-NEXTの無料期間を利用してエヴァンゲリオンを全話見てしまいました^^;

スポンサーリンク
スポンサーリンク

エヴァンゲリオン魂の共鳴の打ち方について

エヴァンゲリオン魂の共鳴のリール配列とスペック

エヴァンゲリオン魂の共鳴のの打ち方ですが、通常時は、

  1. 左リールBAR狙いでチェリーとスイカーなどレア役をフォロー
  2. 右リールで取りこぼしはないので、停止型で中リールBARを目安にスイカを取る

といった感じのハサミ打ちをしています。

AT中の打ち方はナビに従って消化、ナビ非発生時は通常時と同様の打ち方で消化、という感じです。

極々普通の打ち方となっています。

エヴァンゲリオン魂の共鳴のの打ち方については、

https://1geki.jp/slot/s_evangelion_tama/2/

を、参考にさせて頂いています。

エヴァンゲリオン魂の共鳴の期待値について

エヴァンゲリオン魂の共鳴の期待値は算出条件によって違いはありますが、

エヴァンゲリオン魂の共鳴の期待値に

※算出条件等についてはパチスロメソッドさんのWEBサイトをご確認下さい

と、ここではパチスロメソッドさんの期待値表を参考にさせて頂いております。

エヴァンゲリオン魂の共鳴の狙い目について

エヴァンゲリオン魂の共鳴の狙い目については、

  • 設定狙い
  • 天井狙い

が基本となります。

設定狙い

エヴァンゲリオン魂の共鳴の設定狙いについては、

https://1geki.jp/slot/s_evangelion_tama/0/

を、参考にさせて頂いてます。

で、私は、

  • エヴァトロフィー
  • ボーナス終了画面
  • 獲得枚数による示唆

などからの確定要素をかなり重要視して立ち回ることが基本です。

とはいえ、最も重要視しているのはその店舗・ホールの機種の扱いです。

エヴァンゲリオン魂の共鳴は設定4での出率が102.6%と低く、設定5が106.0%、設定6が110.3%、となっているので設定5以上が見込める状況であれば粘る形で立ち回っています。

あと、設定Lというふざけた設定がありますが下パネルが高速点滅しているのですぐに分かります。

※設定1,2,4,5,6,Lの6段階設定

天井狙い

エヴァンゲリオン魂の共鳴の天井は、

  • ゲーム数天井=基本666G:恩恵AT確定
  • CZスルー天井=CZ5スルー:恩恵AT確定

の2つがあります。

※ゲーム数天井の基本666Gというのは、ほかに222G、333G、700Gの天井も存在しているからで、700Gの天井が選択された場合は上位ATとなる超暴走モードが確定します

打ち始めG数としては270G~としています。

※以前まで200G~とか220G~とか250G~としていましたが、現在は270G~打ち始める感じになっています

今のところはCZスルー天井については考えずゲーム数天井狙いだけを考えれば大丈夫かなと思います。

理由については現状ゲーム数天井のことを考えていれば、基本的には勝手にCZスルーもついてくる印象があるからです。

とはいえ、CZスルー天井も無視はせず考慮しつつ打ち始めのG数を調整したりしています。

エヴァンゲリオン魂の共鳴のやめどきについて

エヴァンゲリオン魂の共鳴のやめどきについてですが、

有利区間ランプ消灯やめ

としています。

有利区間ランプは2BETの右にあるランプで、ちなみに通常時から点灯しているタイプですのでリセット判別にも使えます

一応、AT終了後に引き戻し区間となる使途侵入ステージが存在していますが、現状ではあまり回す必要はないかなと感じており、私は即やめしています

もちろん引き戻し区間(使途侵入ステージ)を回してからもやめても良いかと思ってはいます

現在は引き戻し区間(使途侵入ステージ)を回してからやめています

やっぱり、有利区間ランプ消灯即やめでも問題ないかなと思いました。

現在は状況に応じてケースバイケースでやめどきを決めています

まとめ

ここまでで”エヴァンゲリオン魂の共鳴~ハイエナ・天井狙い・設定狙い・期待値etc.~立ち回りまとめ”は以上となります。

まだまだ新台ではありますので、解析・情報は足りないと感じています。

ですので、また何か分かり次第随時追加・更新を予定しています。

私自身エヴァンゲリオン魂の共鳴の立ち回りでは、ここまでのリンク先のものを含め、ほかにも、

などのWEBサイト・ブログを参考にさせて頂いております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。